自分を変える、とある日の弁当 







この日は1日中外の仕事になりそうなので、前日から用意していたオカズを仕上げにかかります。




では、仕上がりから見てもらいます。




上段左ほうれん草白和え、右ローストチキン胸肉、下段左炊飯器じゃがいも、右しらたきピーマンニンジン、




以上4品と冷蔵庫の余り物サラダです。




初登場、しらたきピーマンニンジンですが、簡単です。

テフロンのフライパンにしらたきを入れてひたすら水っけがなくなるまで炒める。中火。
そのままでは食べにくいので、頃合いを見てハサミでチョキチョキしらたきを切り刻む。中火。
いつもはピーマンだけだがニンジンが中途半端にあったので入れました。
水気が飛んだしらたきにピーマン、人参を入れ炒めたら、だしの素を好みで入れます。ここまで油は使いません。
しっかり火を通したほうが美味しい。火が通ったらいりごま、すりごま、ごま油を入れます。火は止まってます。

ポイントは、油は火を止めて、仕上げに香り付程度、熱した油が取りたくない人には、おすすめメニューです。






ローストチキンサラダはキャベツ、玉ねぎ、人参、トマト、グレープフルーツなど入れてオリジナルドレッシングで。

オーブン250度余熱なし、25分、止まって5分後。
これだけでも美味しいですが、タンパク質を撮りたいので。
胸肉をひきつめてみました。

これで、まるまる1日分、これに特製ドリンクとコーヒーをもって出掛けました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です