プロテインの飲み方






体に必要な栄養素のひとつにタンパク質があります。




肉、魚、大豆などが多く含まれている食品なんですが、




効率よく摂取するには粉末のいわいる商品としての「プロテイン」が有効です。






「プロテイン」とはタンパク質の英語読みです。以下「プロテイン」を商品名とします。




では飲み方にもコツが必要に感じられますが、



いつでも良い




最初は気にしない方が良いとわたしは思います。




食事の管理と並行してプロテインの管理もするのは難しいと感じるので、




どんなタイミングで飲んでも構わないと思います。




食事の管理になれたという人は、参考程度に経験から言うと「食事の置き換えダイエット」みたいに「食事」を「プロテイン」に変えるのは脂肪を落とすには、効果がありました。




あと、高重量のウェイトトレーニングを継続的に筋肉増量のためにやるならタイミングも気になります。







初めは、まずタイミングより量をしっかり摂る習慣を身につけたほうが良いと感じます。




タンパク質の摂取量




基本の量ですが、体重に対して1g以上が目安だとわかりやすいでしょう。




50kgの人はタンパク質を50g以上必要だということです。




食事で肉魚を食べているからという人も、同じ量を摂って構わないと思います。




ちなみに摂りすぎの上限はないと思うくらいまで大丈夫です





カロリーには気をつける




しかしカロリーはありますから気をつけてください。




タンパク質の量は「プロテイン」の量とは違うので気をつけましょう。




市販されている「プロテイン」のほとんどが25gでタンパク質が20g程度ですカロリーは大体100カロリーでしょう。




とにかくまずは「プロテイン」を摂る習慣を身につけるとダイエットの成功率もググっと上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です