ウォーキングは気軽な運動だけど……





こんにちは、わたしもウォーキングをします。





ウォーキングというか、ハイキングですかね!













ウォーキングを始める人は、運動不足の解消という目的が一番だと思いますが、








ウォーキングも量や、質、慣れなどで、膝を傷める原因になることもあります。










年を、重ねると膝が痛くなることは割と知られていて、








みんながなるとは言いませんが、割と、メジャーことですよね。









でもなんでなってしまうのかは








人それぞれで、わからないことが、多いんです。







一般的には、怪我がきっかけで、痛み出すか、




加齢により、膝の軟骨が減るかだと思いますが、









何が、わからないかというと、加齢によって起こることは








ある日突然起きることではなく、






徐々に悪くなっていること。










徐々に悪くなっているにもかかわらず、痛みが出るには時間が掛かり








その人が、どんな生活スタイルなのか?






過去にさかのぼるには時間が経ちすぎていて







何が悪かったのかがわからないんです。













私の治療院にもたくさん膝に悩みを抱えている人が来ますが、







怪我や事故はともかく、加齢による膝の痛みはとても本人にとって辛い事例が多いです。






生活が一変に変わってしまうこともあります。









ただ、ある傾向もあります。








かなりの確率でウォーキングをしていて痛くなったという人がいるんです。








日常にウォーキングをしている人や、











急に、普段歩かない人が無理をして歩いて痛めたとか、










間違っても、ウォーキングが原因と言っているんではなく、








そもそも、ウォーキングをする状態じゃなかったり、






するべきでない人がやっていることが問題なんです。






運動は、正しい知識で行うことにつきますが、






自分の状態が、運動に適しているかも、見極めることも重要です。






健康な人が、するのは運動ですが、疾患がある場合は、リハビリになります。








リハビリは、より慎重に行わないと、怪我をしてしまうこともあるのです。






加齢による、膝の変形は経年劣化というべきことなので、仕方のないことです。






せっかく、健康のために取り入れた運動で体を悪くしてしまったら、







辛いですよね。









その場合は無理にウォーキングをするよりも、経年劣化で無くなってしまった軟骨を









無理をしないで、大切に使うことも、膝を悪くしないコツです






なんでも、動かせば良くなるということはありません。










運動は、健康にとっても役にたちますが、






悪にもなります。









































コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です