夏に向けて、カッコイイ背中を作ろう!





夏に向けてそろそろ筋トレ始めませんか?




なんといってもお腹が気になる方が多いはず。




しかし人に見られる意味では、背中も結構見られることが多いですよ、




お腹はTシャツで隠れますが、背中は広さなので隠れるというか広く見せることができません。






そこでしっかりと夏まで6ヶ月あるので、今から頑張りましょう。




まだ間に合いますからあきらめないで。




まずは、懸垂をマスターすること、




懸垂は自重トレーニングの中では、一番難易度が高く力が必要ですが、




逆に言えば、マスターしたらこれだけやっていれば背中はOKということ。




まずは5回できるように日々努力してください。




やり方は、だらんとぶら下がった状態から一気に体をバーに引き寄せます。





しっかりとブラブラにぶら下がります、肩甲骨も上に引っ張られている状態
ここから一気に背中に力が入るのがわかります。
肩の三角筋も使ってますね、
このあたりから、腕の筋肉をかなり使います。
フィニッシュは前腕もかなり使って引き寄せています。
後は、できればゆっくりとおろしていくだけ
ゆっくりが、辛い
このあたりが、一番きつい
最後は、スタートと同じに肩甲骨も伸ばし切ります。










ぶら下がった状態から最初にかかる力は背中の筋肉ですが、




バーに引き寄せるのは、腕の筋肉になります。




引き寄せれば寄せるほど、腕の筋肉を使うことになります。




最初はバーに手が届くくらいに台を置いてそこから軽くジャンプして体をバーに寄せます。




寄せられなくても構わないので、頑張って10回続けてください。




これだけでもかなり疲れます。これを3セット2日に1回やってみてください。




やりすぎて故障が出る箇所は、肩、肘周辺、手首だと思います。痛みが出たら休みましょう。




トレーニングを続け、しばらくすると、1回位はジャンプしなくてもできるようになります、




5回できるようになったら、台を外して、ぶら下がり状態からチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です