スクランブル スクエアのパン屋さん  「ティエリーマルクス」






11月にオープンした、渋谷スクランブルスクエア




ここの地下2階に「ティエリー マルクス」ていう




パン屋さんに、行ってきました。




このパン屋さんは、フランスのお店、パリのレストランの総料理長の手掛けたパン屋さん




まず、ここで人気のあるパンが、ブリオッシュ




北海道の小麦、オリジナルのバターで作った、外カリ、中フワのパン




ティエリーマルクスさんの横顔を型どった入れ物に入っていて、レジ前にズラッと並んでいます。




すごく、美味しそうだったんですが、私の目当ては「それ」ではなくて




フランスなら、酸っぱいサワー種のパンがあると思って探したら、ありました。

「トゥルト」です。




ここの、トゥルトは厚みは薄いですが、中はみっちりしていて、食べごたえが有ります。




酸味も、メゾンカイザーと同じくらいで、ちょうど良い酸味でした。




クリームチーズや、生ハムなんか合わせると、とっても美味しかったです




レジで店員さんに、「一日に何回焼くんですか」と聞いたらやはり「朝だけ」だそうです。




あやふやな返事だったんで、再度確認しようと思いましたが、行った日がオープン2日目で




激混みだったんで、次回にしようと思い買って帰った来ました。




ふわふわも良いですが、歯の健康も考えて、噛みごたえのあるパンもいかがでしょうか。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です