こだわり、よこすか葉山のかぼちゃ





これ美味しかったからレポします。




とっても甘く、かぼちゃは普段から味付けはしないんですが、オーバーに言うとパンプキンケーキのような甘さがあります。




100g38円で半身約850g。

じゃあ切ることろから、

いきなりこんな感じできってしまうとヘタのところで刃が立ちません。

私はこんなかんじにヘタを先に切ります。ほかに方法あったら教えてください。

包丁はなるべく手元の方を使うと力が入りやすく安全です。

やっと、半分に切れます。

左手でしっかりたたくように切ります。ここは力任せ。
今度は身の方から切ります。
刃先をまな板につけて根元で一気におろして切ります。

今回はテフロンのフライパンで煮ていきます。フライパンの底辺より、はみ出ないくらいの量にしましょう。

私は、お湯から煮てしまいますが、湯の量はかぼちゃの半分まで。
煮立ったら蓋をして弱火。

蓋をして10分もすると水分がなくなってきます。




空焚きは厳禁です。しっかり確認してください。




テフロンのフライパンは①強火②空焚き③使った後すぐに水に付ける、がダメです。

箸をチョット強めに刺して、刺されば、再度蓋をして余熱でちょうど良い硬さになります。

半分は、炊飯器で蒸してみました。




早炊で15分位、水の量は100ccか150ccくらい少なめです。




炊き上がりの前に仕上がるので、タイマーを忘れずに。




固めが好きな人は10分で確認をしてください。




フライパンと炊飯器と味を比べましたが、出来立ては私には差が感じられませんでしたが、




1日経って冷蔵庫に入れてから食べてみたら、




フライパンの方は皮から身にかけてグラデーション的に柔らかいのに対して、炊飯器は全体が均一の硬さのように感じました。




やはり「じゃがいも」とか「さつまいも」のように、全体が皮に被わえれている状態のものは、炊飯器の方が良い感じです。




これからもいろいろ試してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です